インターネットが普及したことにより消費行動が変化し、それに伴ってマーケティング活動にも変化が求められています。その点で役立つのがマーケティングオートメーションです。こちらでは、マーケティングオートメーションに搭載されている便利な機能について解説します。

顧客に効果的にアプローチする機能

現在のマーケティング活動は、以前のように一つの情報を大人数に届けるよりも、相手のニーズに合わせたきめ細かいアプローチが求められます。こちらでは、マーケティングオートメーションで可能な、各顧客に合わせて効果的に情報提供できる機能をご紹介します。

リード管理機能

マーケティングオートメーションが持つ、顧客に効果的にアプローチするための機能として、リード管理があります。リードとは見込み客のことで、見込み客あってこその売上創出となるため、リード管理はマーケティ…

スコアリング機能

マーケティングオートメーションのシステムには顧客への効果的なアプローチを検討するための機能としてスコアリングが搭載されていることが多くなっています。スコアリングは顧客の購買意欲を推し量るための機能…

メール配信機能

マーケティングオートメーションは、顧客獲得を効率よく行うためのツールとして全国各地の民間企業内で採用されるケースが増えています。特に、オンライン上で営業活動を上手く展開するには、メール配信機能をは…

社内で活用できる機能

マーケティングオートメーションでは、顧客の情報を一元管理できるので、その情報をもとに様々な展開を考えることができます。こちらでは、マーケティングオートメーションが持つ、社内で情報を共有したり、多角的に活用するための様々な機能について説明します。

アクセスログ収集機能

マーケティングオートメーションの中で、社内で活用するのに役立つのが、アクセスログ収集機能です。マーケティングオートメーションのアクセスログ収集機能の強みは、単にアクセスログを収集するだけでなく、見…

分析とレポート機能

主にIT分野で活用するマーケティングオートメーションでは、顧客がサイトにアクセスした履歴やメールを閲覧した回数などが分かります。そしてそういったデータは、将来的なマーケティングに活かすことができま…

社内システムとの連携機能

社内システムとの連携が重要になるわけ

マーケティングオートメーションを導入する際に、一つ検討すべき事項として、社内システムと連携させるかどうかという点があります。必ずしもすべてがそうであるというわけではありませんが、マーケティングオートメーションの中には他のシステムとの連携機能を有するものが多くあり、それを使えば既存の社内のシステムと接続してデータのやり取りを行えるようになるのです。 データが連携できれば、例えば、マーケティングデータを財務管理システムに取り込んでいち早く足元の業績推移が見られるようになりますし、クライアント管理システムと接続させれば、クライアントが抱えているニーズをより精緻に分析できるようになるかもしれません。このように、様々な社内システムでマーケティングデータを活用できるようにするために、マーケティングオートメーションと他の社内システムとの連携が重要になるのです。

連携させるためにすべきこと

では、マーケティングオートメーションと既存の他の社内システムを連携させるためには、何をすればよいのでしょうか。まず、前提として、両者は必ずしも互換性を有しないという点を頭に入れておく必要があります。既存のシステムの多くは、マーケティングオートメーションとの連携を想定して開発されてはいないはずです。そのため、もし連携させることになると、そのために既存のシステムをカスタマイズするか、マーケティングオートメーションの使用を変更しなければなりません。時間もコストもかかる話になってきますので、本当に連携させる必要があるかどうかについては、事前にしっかりと検証したうえで、その効果を見極めるようにしましょう。